JAPAN JAM 2018 Day3

音楽フェス

こんにちは! まるしー です。

先日行われた JAPAN JAM 2018 の3日目に行ってきましたので、今日はその様子をレポートしたいと思います。

 

JAPAN JAM

去年から千葉市蘇我スポーツ公園に会場を変えて2回目の開催となります。

そもそも2010年から行われているイベントらしく、私が最初に認知したのはJAPAN JAM BEACH になる少し前くらいだったかな 2014年辺りらしいです。参戦自体は今回が初めてでした。

GW中のフェスとしては、VIVA LA ROCK と並ぶ2大フェスとして定着していってますね

主催はROCK IN JAPAN, COUNTDOWN JAPAN で知られるロッキングオングループです。

 

今年もチケットは全日ソールドしていませんでしたので、前日にローソンで購入いたしました。

どのフェスもこのくらい手軽に行けるといいんですけどね~ 邦ロックフェスは需要が多過ぎて、かなり前から計画しないといけないのが現状です。

 

それではさっそく会場の様子を見ていきましょう

 

会場入口~フードエリア~リストバンド交換

 

まずはエリアマップを

 

 

蘇我駅からは徒歩で8分ほどの場所にあるフクダ電子アリーナに到着するとそこが入り口です

エリアマップのちょうど右下に到着しました。

 

 

エリアマップとか事前に全く見ないで来たので、入っていきなりフードエリアがあることにびっくりしました。リストバンド交換もしてないのにビール飲むところでしたよ笑

 

 

フードエリアはほぼこの並びに集約されていました。撮り忘れましたが、右奥に屋根付のテーブルゾーンがあります。ベンチだけのスペースも所々にあるので、そこまで食べるスペースに困ることはなさそうでした。

ちなみにフードの待ちの列ですが、異常なくらい長くなっているのは見られなかったかなー といっても最初にここでご飯を買ったのが15時前だったので、ピークは過ぎ去っているとは思いますが

今回は”もちもちポテト”を食べました。フェス行くといっつも大行列できるアレです。

15時の時になんと待ちが3分でした。

このくらいでなんでも買えるとストレスなくなるんだよね

これも現在の動員だからなんでしょうけど、今後動員増になると、この快適さはなくなってしまうんでしょうね

 

これは完全に錯覚なんですが、ステージ移動が短いので、ステージエリアからフードエリアまで歩いていくのがメチャクチャ遠く感じてしまいます。

 

 

フクダ電子アリーナの外回りを沿って1/3周位するとリストバンド交換所につきました。

そういえば最近のフェスでリストバンド口で鬼ほど並ぶことになるなんて見られなくなりましたね

ロッキングオン主催のフェスは一時期リストバンドを腕に付けるのも係員が行っていた時期がありましたが、やはりそれだと掃けきれないようなので、いつの間にか手渡しで各自付けるに戻ってました。

この写真はオープニングアクトが始まったくらいの時間(11時くらい)だったと思います。

 

 

ここに来る前に電子マネーにチャージするのをすっかり忘れていたことに気付き、歩きながらずっとコンビニを探していたんですが、ちょうどこのリストバンド交換口の後ろ側に発見しました。

 

 

右奥の方にローソンが写っていると思うんですけど、この写真だと結構遠く感じますね

実際はそんな遠くないです。

だからフードエリアいかなくても、ここでご飯買えたりして結構良い位置にあるなあと

いわゆるフェス飯も楽しみのひとつだったりするので、結局最初にチャージでしか利用しませんでしたけど

 

 

リストバンドも交換しましたので、次は各ステージの様子を見ていきましょう

 

ステージ

JAPAN JAM のステージは SKYSTAGE LOTUSSTAGE SUNSETSTAGE の3ステージあり

どのステージもキャパは3万人です。

去年からの大きく変わったのはSKYSTAGEが芝生になったことです。海が近いこともあり、風が強く去年はSKYSTAGEの砂埃が凄かったらしいんですけど、蘇我市とロッキングオンが共同出資で天然芝に張り替えました。

去年行っていないので比較はできませんが、風は強かったので、これは去年大変だっただろうなあと

その問題点を翌年に解決するロッキングオンもさすがとしか言えません。

 

それではステージ紹介なのですが、広さがほとんど変わらないので、解説はほとんどありません笑

なるべく人がいない時間に撮ったので、広さは実感できるかと思います。

 

SKYSTAGE

一応メインステージの位置づけです。ここは結構いっぱいになっちゃいます。

 

イスゾーンからだとこんな感じです。奥のグレーっぽい地面の所も同じくイスゾーンです。

 

LOTUSSTAGE

SKYSTAGEのすぐ隣のステージです。さすがに隣なだけあって、後ろのほうにいると音リハの音聞こえるかな 真ん中より前にいれば全く聞こえません。 そして、広すぎて人埋まらないです。

 

こちらもイスゾーンあります。

 

SUNSETSTAGE

ここが少し狭く感じるのは、ステージが斜めに向いていないからなのでしょうか

でも3万人入るらしいです。 埋まりません。

 

フクダ電子アリーナ側から撮りました。 夏フェスっぽくてとても良い1枚

 

ステージ間

ステージ移動2分をうたっていますが、実際はこんな感じです。

この場所から向こう側のネットまでなので30秒くらいです笑 本当に近い

 

 

ちなみにタイムテーブルは、LOTUS, SUNSETが同時進行で、その間にSKYが単独進行です。

なのでSKYのキャパ3万人がいたとして、LOTUS, SUNSET は半分の人がバラけたとして1万5千人

キャパ3万人なので埋まるわけないんですよね

アーティスト側もオーディエンス側も人が埋まってるほうがより熱く盛り上がってくると思っているので、この点は快適にしすぎではないかなあと思います。

もしチケットがソールドするほどの需要があったとしたら、3万人以上動員するにはタイムテーブルを全ステージズラすしかないと思うんですよ

でもさすがにこの距離感だと隣のステージの音が干渉してしまいますので、ステージ構成を変えないと、こんな感じのスカスカに見える状態が続くかなあと思います。

フクダ電子アリーナを使うとかまだ方法はあると思いますが、その前に単日動員3万人になってからって感じですね ちなみに今年は単日2万人くらいだったらしいです。

 

 

クロークエリアの写真撮るの忘れちゃいましたが、オフィシャルグッズの様子だけはおさめました。

これも11時くらいの様子です。 10分くらいで買えます。

でも何点か売切れはありました。サイズ欠品なので、大きいので我慢できれば買えるかな

大人気のリストバンドは夜まで残ってましたよ

 

さて最後にライブレポです

 

ライブレポ

 

意気込んで始めましたが、ガッツリはしません笑

 

SKYSTAGEのアーティストはほとんど中央の方で見ましたが、ヤバイTシャツ屋さんとマキシマムザホルモンの人入りは凄かったです。

ヤバTはデビュー当初から見てますが、見るたびにいつのまにこんな認知度上がったんだよってくらい人の多さに驚かされます。 いや本当にどの曲で大衆に認知されたんですか?笑

2ndアルバム全然聴けてないので、次のフェスまでには聴かないと

 

ホルモンは今日の動員全員集まったんかな?てぐらい今日1番の密集度

ホルモン好きなのアラサー辺りの人間だと思ってたけど、なんか安心したよ笑

フェスでも1曲くらいはマイナー曲やってくれるんだけど、この日はなしでした。ライブキッズ殺す気なのかと笑

 

ライブレポ苦手みたいなので、今後の成長を温かく見守ってください笑

 

 

さいごに

 

今年も野外フェスの時期が始まったなあと

ステージ移動も短く、フードの待ちもなかったので本当に快適なフェスでした。

夏フェス1発目にはちょうど良かったと思います。

本当はビバラも行こうと思ってたんですが、チケット取り損ねたので断念しました。どうやらステージ移動でいろいろ問題続発していたようですね

来年の JAPAN JAM の開催は決定しているので、またぜひ行きたいと思います。

 

次のフェスはMETROCKです。またのレポートをお楽しみに!